電気工事に合う作業服

色々なところにポケットがついている作業服

電気工事士は、高いところに登ったり、狭いところに入ったりして作業することが多い仕事です。また、釘やねじなど細かい部品をたくさん使用します。例えば、電柱のてっぺんで作業をするような時に部品が足りなくなったからと、いちいち下まで戻っていては作業がはかどりません。そのため、部品をポケットに入れておいて、必要に応じてポケットから取り出すということが、効率的に仕事を行うためのポイントになります。ポケットは、通常の場所以外にも胸や腕など様々なところにある作業服が使いやすいです。片手がふさがっている時にもさっと取り出せる場所にポケットがついていると良いでしょう。また、部品がポケット内で混ざってしまわないように、部品ごとにポケットに収納できるような数が多い作業服が電気工事には向いています。

帯電防止機能などの機能正が高い作業服

電気工事では、電気を取り扱うため常に感電の危険性があります。特に意識していなくても静電気などが原因で発火したり、感電してしまったりした例もあります。電気工事士の安全を守るためには、帯電防止機能のついた作業服を選ぶと安心です。
また、電気工事は夏は暑く冬は寒い仕事です。真夏の暑い時でも安全のために長袖長ズボンで外で作業をすることになります。重たいエアコンを運ぶような力仕事もあり、熱中症などが心配されます。真冬の寒い中での作業も苛酷です。手先が冷えて、細かい仕事ができないこともあります。そのため、夏は涼しく冬は暖かい素材の空調服を利用する電気工事士が多いです。熱中症対策に体温を下げてくれる素材で作られた夏用作業服や、動きやすいけれど熱を逃がさない冬用作業服があります。

作業服の通販とは、普段仕事が忙しくて、なかなか作業服が買いに行けなくても、通販で購入する事が出来るサービスです。