鳶職が着るといい作業服

感覚を研ぎ澄ましてくれる、ニッカポッカと地下足袋

鳶職の人が着用する代表的な作業服として、ニッカポッカがあげられます。ニッカポッカは裾が広がった特殊な形状をしていますが、その理由は、裾を広げることで足元の感覚を肩幅と同じにするためです。鳶職は細い足場を大きな荷物をもって移動しますが、ニッカポッカを穿いていれば足元が見えなくても、皮膚感覚で自分が通れるかどうかを判断できます。いわば猫のヒゲの役割を担っているのです。次に地下足袋ですが、靴底が柔らかく、裸足に近い感覚を持つことができる為、不安定な足場でも体のバランスを保つことができます。高くて不安定な場所が仕事場の鳶職にとって、ちょっとした感覚のズレは大きな事故に繋がりかねません。そのため、このような独特なスタイルがスタンダードとなっているのです。

夏場は空冷式作業服がオススメ

鳶職の主な作業場である屋根の上や屋上は、直射日光にさらされる場所であり、夏場は熱中症のリスクが高まります。そんなシーズンにオススメなのが小型のファンを内蔵した、空冷式作業服です。作業服の中を空気が循環し、体温の上昇を和らげてくれます。また、多量の汗をかき、集中力が削がれることも防いでくれるので、緊張感が大切な鳶職にはうってつけです。建設現場は鉄骨や木材が飛び出していることが多く、怪我のリスクが高いため、夏場でも長袖が必須ですが、この作業服があれば、暑さに悩まされることはありません。ファンはバッテリー式のものが殆どですが、最近は軽量化が進んでおり、電池の持ちも良くなっているので、重さも気にならず、長時間の作業でも問題はありません。機能的な作業服を着ることで、少しでも作業環境を良くし、事故防止に繋げましょう。

作業着は、職種によって実に沢山の種類があります。手っ取り早く手に入れようとするならば、作業着の通販がとても便利です。沢山の種類から、欲しい商品を選べるからです。