ファン付作業服の仕組みは?

着ても涼しい快適な作業服のメカニズム

作業服は汚れやすく過酷な環境で用いる衣服なので頑丈な作りになっています。厚手の生地を使っているので耐久性が高い反面、熱が籠りやすく体温の上昇を引き起こしやすい欠点もあります。特に気温が上がりやすい夏季では日光を浴びない屋内であっても作業服の中に熱が籠るので、熱中症に見舞われる危険は屋外とほぼ変わりません。そのため、体調不良のリスクを軽減する目的でファン付作業服が注目されています。
ファン付作業服はつなぎの状態で編まれた作業服の内側に送風するファンが装着された状態になっているものが一般的です。ファンを作動させると作業服の内部を風が循環する仕組みになっています。体が常に風に当たっている状態になるので発汗しにくくなり、体感温度を下げることが可能です。

ファン付作業服に適した環境と取り扱う際の注意点

ファン付作業服は気温が高い状態が続く環境での使用に最適です。特に通気性が乏しい屋内では気温が下がりにくく、外気温よりも温度が高い状態になってしまうこともあります。ファン付作業服は服の内側に空気の流れが出来ることで断熱効果を得ることが出来ます。そのため、気温が上がっても体への影響が少なくなるのが大きな利点です。その一方でファン付作業服は用途の性質上、気密性が高い生地が使われています。ファンを作動させないと体温が作業服の中に籠ってしまい、急激に温度が上がるので注意が必要です。また、ファンは蓄電池で作動するので事前の充電を適切に行うのが快適な作業を続けるための条件になります。作業服を破かないように丁寧に扱うのも長く使い続けるための心得です。